<   2012年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧

アトリエ訪問 三橋頼子 MITSUHASHI Yoriko

都内にある三橋頼子さんのスタジオを訪ねました。

三橋さんはイギリスで10年ほどジュエリーを学び、制作をされていましたので、工房やアトリエではなくスタジオと言われます。イントネーションや語尾で出身地方がわかるのと同じで、お話ししていると呼び方や単語で学んで来た背景が分かることもありますね。
d0190943_19484335.jpg

スタジオのガラス戸を開くと正面にあるのがジュエリーの作業机。
机の上はきれいに整頓されており、整理に使う小物に、さりげなく味のあるアンティークの品々を使っているのが三橋さんらしいです。
例えば、銀ロウを入れているのは、イギリスで手に入れたアンティークのガラス瓶(下の画像)。その昔、王侯貴族が旅にでるときに、この瓶の中にブラシやお帽子を留めるピンなどをいれて、それを革の鞄にいれて持ち歩いたとか。
d0190943_19485225.jpg

また、下の画像でブラシの入っているビーカー。これは日本の骨董市で見つけられたそうですが、メモリのところに、「メヤス」とかかれています。その字体やメヤスという言葉からも、「まあ、こんなところでしょう」といった風な、せせこましくない、ゆったりとした時代のようなものが感じられます。和みますね。
d0190943_19492054.jpg

ジュエリーの作家さんの作業空間におかれているものは、多少の違いはあれ、だいたい同じような道具が揃っていますが、作るものだけでなく、こういった整理の仕方や空間の作り方に作家さんの姿勢、趣味や個性が表れます。

こちらの黒いものは炭。ロウ付けは、この炭の上で行います。
d0190943_195052.jpg

こちらは金属の線を細く均一に伸ばす道具。左上の穴に試しにシルバーの線をを通してもらいました。これをしごくようにひっぱると、メモリの数字の太さに線が整うそうです。様々な道具があるものです!
d0190943_19504340.jpg

他にも丸管の作り方など、道具や制作途中の物を示しながら教えていただきました。百聞は一見にしかずで、水が乾いた土に染み渡るように一瞬で理解できます。

ここで三橋さんのシルバーをいぶして黒くさせたシリーズから、ピアスを2点ご紹介します。
全て手作業で作られたもので、一点一点がひとつの作品です。 下の作品は3つの輪で構成されており、実際に耳に着けると耳と一体化して単体でみるよりぐっと魅力が増します。
d0190943_19512244.jpg

下の画像の作品は、2階層になっており、写真の左側のピアスのように上の四角が下の四角に重なるようになっています。ピアスを身に着けたときには、右側のピアスのように2階建てになります。着けている時も、下の四角をちょっと上に押してやるとすっと上に重なります。このピアスの動きを見た人はたいてい、お!と少し目を大きくして一瞬子供のような表情になります。
d0190943_19514218.jpg

「コンテンポラリージュエリー展 ―見えるもの見えないこと―」で2008年に三橋さんをご紹介させていただいてから4年。日本でも世界でも様々な出来事があり、私達は年齢も経験も重ねて物に対する感じ方や考え方も多かれ少なかれ変わっています。
同時代を生きる作家の作品というのは、その時代の空気を吸って作り出されていく物ですから、やはり世相を反映させたり、作家の見方が表れます。
かたちや色に変化が表れるかもしれないし、たとえ一見同じような色かたちに見えても、作り込まれて深みが増すこともあります。それは、0.1mmの厚みや長さの違い、面の磨き具合であるかもしれません。しかし纏うオーラがかわるのです。
一人の作家さんの作品を見続け、変化の兆しをみとめ、変貌をながめるのもコンテンポラリー作品の面白みの一つといえるでしょう。
一人でも多くの人に三橋さんのジュエリーの変化を追いかけていただければと思います。


三橋頼子 MITSUHASHI Yoriko

2006 ロイヤルカレッジ オブ アート ジュエリーコース 大学院 卒業
2002 エディンバラカレッジ オブ アート ジュエリーコース 卒業

繊細さや優雅さをもち、素材の質がひきだされているジュエリー を追求している。身に着ける人の内面を知る糸口となり、また ジュエリー自体も着ける人により、隠れた一面をみせることを理想とし、現在は東京を拠点に活動。在学中より受賞多数、国 内外の展覧会やアートフェアへ作品を出品。
[PR]
by bijou-m | 2012-04-06 19:52 | アトリエ訪問

   


by bijou-m

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

カテゴリ

全体
2012Jewellery展
2011Jewellery展
+αのジュエリー展 2010 
アトリエ訪問
展覧会情報
未分類

検索

その他のジャンル

最新の記事

おすすめ展覧会
at 2012-12-19 10:24
明日まで
at 2012-12-15 22:35
墨屋夕貴 SUMIYA Yuki
at 2012-12-12 09:51
明日から
at 2012-12-12 09:46
Maria Rosa Fra..
at 2012-11-09 09:58

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧