齋藤夕香 SAITO Yuka

ニューヨークで活動されている齋藤夕香さんの作品をご紹介します。

齋藤さんの作品は、半透明で色鮮やか、薄い羽や花びらが風に揺れるような雰囲気を持っています。これまでご紹介してきた12月の展覧会に出品される5名の作家さんたちの作品同様、抜群に個性的で、この作品を身に着けている=私と、身分証明書代わりになるくらいです。

さてこの軽やかな雰囲気を実現させるのが、ポリプロピレンという素材。熱可塑性樹脂のひとつで、熱を加えると軟らかく自由に成形でき、硬化すると元に戻らなくなることを利用して作品を作っています。それもゆらゆらさわさわ動く形や、かっちりした形など様々。
私は初めてそれらの作品をみたとき、珍しいかたちとその質感に目が釘付けになりました。 ここ数年身に着けていますが、強度が高く吸水性がないため、壊れないし汚れないし軽い!身に着けやすいのですっかりお気に入りです。

齋藤さんはこの素材で作品作りを追求され、 Museum of Fine Arts- Bostonなどの美術館での展示(収蔵もされる)、Massachusetts College of Art /Metals Departmentに招待されて講義をしたりと、活動の本拠地アメリカでも高く評価されています。Museum of Arts & Design-New Yorkへはジュエリーではありませんが、ゴブレットが収蔵されています。

12月の展覧会に出品予定の作品をここでひとつご紹介しておきます。2008年の展覧会で発表された作品をさらに発展させたもの。フワフワしているのは染めた綿だそうです。
d0190943_109432.jpg

(写真:Elizabeth Waugh)

作品名:ice galaxy (ブローチ)
素材:ポリプロピレン、綿、ガラス、銀

来月の展覧会には、他にも新作をご覧いただけます。お楽しみに!


齋藤夕香 SAITO Yuka
大阪府出身、ニューヨーク在住。1990年 帝塚山学院美学美術史学科卒。1993―98年 アトリエドーム 坪文子氏に師事、彫金を学ぶ。1999年 Fashion Institute of Technology (New York) : Jewelry Design (intensive course) 卒。現在Mobilia Gallery, Cambridge/USAを主に、ギャラリーや美術館での企画展などに出展。
収蔵:
Museum of Fine Arts- Boston, MA (アメリカ)
Museum of Arts & Design / New York, NY (アメリカ)
Racine Art Museum / Racine WI (アメリカ)
[PR]
by bijou-m | 2011-11-12 10:09 | 2011Jewellery展

   


by bijou-m

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
2012Jewellery展
2011Jewellery展
+αのジュエリー展 2010 
アトリエ訪問
展覧会情報
未分類

検索

その他のジャンル

最新の記事

おすすめ展覧会
at 2012-12-19 10:24
明日まで
at 2012-12-15 22:35
墨屋夕貴 SUMIYA Yuki
at 2012-12-12 09:51
明日から
at 2012-12-12 09:46
Maria Rosa Fra..
at 2012-11-09 09:58

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧