小西潤  KONISHI Jun

2011年12月15日(木)〜18日(日)に開催する「Jewellery2011」展では、小西潤さんの新作もご覧いただけます。

小西さんの作品の多くは、身近な物を素材にしています。小西さんの手にかかると、それまで大量生産された製品の一つだった物が唯一のジュエリーに変身します。

時に、待ち針はもはや仮留めの道具であることをやめて、ブローチとして人を装飾し、ゴルフティーがボールを乗せる台座であることから、人を台に自らが座る存在に変わるのです。

この機能転換から私達が改めて気付くことは、素材のもつ可能性であり、固定概念からの解放であり、自由な発想でありましょう。簡単に言えば、「へえ、面白い!」です。

例えば、下の画像のバケツやお風呂用の椅子から、
d0190943_9564411.jpg


ネックレス「plastic circle」が生まれます。
小西さんが彫刻刀で削ることによって、機械で作られた既製品のプラスチックが、弾力性を備えた新たな形に再構築されました。
d0190943_959238.jpg


ジュエリーとしての実用面についても少し情報を付け加えておきます。
紹介した画像とは別の作品ですが、私が頂戴した小西さんのネックレスは、輪の直径が約2.5cm、長さが60cmほどあり、首に二連に巻くこともできます。なかなかのボリュームですが、僅か10gです。私のような肩こり持ちには嬉しい限り。たまに何かに引っ掛けてしまっても、外れた輪を自分でくるくるっと巻きながら繋げば元通りです。破損知らず。

皆さん、複雑に考え過ぎている事、わかっているようでわかっていないこと、物事や人を一面だけで判断していることって、案外多いと思いませんか?
小西さんのジュエリーは、軽やかにさりげなく私達に自分を省みるきっかけをくれます。

小西潤 KONISHI Jun
1974年群馬県生まれ。ヒコ・みづのジュエリーカレッジFAA研究科にて伊藤一廣氏に学ぶ。2001年にドイツミュンヘン国立造形美術大学ジュエリー科にてオットー・クンツリ氏に学ぶ。2009年に帰国後、伊丹ジュエリーカレッジの常勤講師。国内外の展覧会で作品を発表する。
[PR]
by bijou-m | 2011-10-12 09:59 | 2011Jewellery展

   


by bijou-m

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
2012Jewellery展
2011Jewellery展
+αのジュエリー展 2010 
アトリエ訪問
展覧会情報
未分類

検索

その他のジャンル

最新の記事

おすすめ展覧会
at 2012-12-19 10:24
明日まで
at 2012-12-15 22:35
墨屋夕貴 SUMIYA Yuki
at 2012-12-12 09:51
明日から
at 2012-12-12 09:46
Maria Rosa Fra..
at 2012-11-09 09:58

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧